意外と難しい?お店のレジ業務とは

求人、主婦のパートといえばレジ打ちが多くみられますし、接客業の代表といっても過言ではありません。お客様との接客はもちろん、商品やお金を扱う入金精算業務の重要な仕事です。
お店の顔と呼ばれ、商品の会計でお客様が最後に通る場所です。お褒めの言葉といただいたりお客様からの要望を伺ったり、ときにはお叱りのことばをいただくこともあるでしょう。その分やりがいもたくさんあります。
どんなにマニュアルを読んでも机上講義をうけても実際に動かしてみないと慣れるものではありません。もちろんスピードも正確性も大切ですが、接客態度もお客様に見られていることを忘れてはいけません。お客様は全員同じ考えのかたではありませんので、基本のマニュアルにプラスしてお客さんに合わせた接客・思いやりのある接客をすることが大切です。

実際に使って慣れていくことが大事

コツさえ掴めば、ミスすることもなく上達することができます。はじめは基本中の基本、タッチパネル・レジキーの位置を覚えましょう。部門や色で分かれていることが多く、よく使うキーも出てくるので覚えるのは簡単です。ただし押し間違いを防ぐために画面確認や読み上げが必須とされているところもあります。
コンビニ等はスーパーとは違い、主にハンドスキャナーを使用することが多いです。バーコードの位置を正確に把握することによってスキャン時のスピードも格段に速くなります。もちろんこれは、ハンドスキャナーでなくても同じです。バーコードの位置は商品によって異なりますが、基本的には側面が底面についていることが多いです。バーコードを探すのに商品をくるくる回していると商品を傷めるだけでなく、お客様の不信感も煽ってしまうので気をつけましょう。

機械を使うだけじゃない、思いやりも必要

会計は商品をスキャン・登録することだけではありません。袋詰めやカゴ詰めが必要となることもあります。人によって入れ方は千差万別なので、自分の入れ方で入れてしまうとお客様からお叱りを受けてしまうことがあるかもしれません。考えられないですが冷たいアイスクリームの上に温かい惣菜を乗せる人も中にはいます。極端な例ですがこれはいけません。自分なりに考えて袋詰め・カゴ詰めしても、どうやっても無理な時がでてきます。そんなときは自己判断して行動せずに、お客様に一声かけて了解を得たうえで袋やカゴをわけたり別にするようにしましょう。その一言があるかないかでお客様のとらえ方は変わってきます。
金銭授受時は丁寧に焦らずに行いましょう。金銭の数える回数・数え方はお店によって違いますが、いくらお預かりしたのか・おつりはいくらなのか、お客様の目を見て確認しましょう。五千円札と一万円札の出し間違えはよく起こる事例ですが間違えると大変なことになります。
お店の顔になっていることを忘れずに笑顔で対応すると、自分にも笑顔がかえってくる素敵な仕事のひとつです。