最新機能を持つレジを導入しよう

小売店営業をする際に、レジはもはや欠かせないツールになっています。自動で売上を集計してくれたり、おつりを自動的に算出して出力してくれるような機能はもはや当たり前になってきています。事業規模が大きくなって、販売数量が増えてくると、事務作業にかかる時間をできるだけ削減するために最新の機種を導入することは有効な手段になってきます。
最近は、新しい機能を持った機種がどんどん出てきています。他のツールとの連携・データ交換がしっかりと取れて、展開がしやすくなってきているものや、操作が単純で誰でも簡単に利用をすることができるため、トラブルが少ない機種などが増えてきています。自分の企業体系や事業規模を考慮して、適切な製品を選択することが重要になってきます。

最新の機種を導入するメリットとは

最新のものとなると、スマートフォンやタブレットと連携して、遠隔で操作をすることができるというものも増えてきています。レジ打ちをするのにスマートフォンやタブレットがあればできるということで、とても効率がよくなります。また、レジ打ちをすると同時に在庫の増減の集計ができる機種は以前から増えてきてますが、さらに高性能のものになると、一定の在庫数量を設定しておけば、その数量を下回ったら自動的にセンターや倉庫に発注をして在庫補充を申請することができるような自動化された機能を持ったものも増えてきています。さらに、顧客が利用するカートなどに専用の器具を装着し、そこで顧客が自分でタッチパネル形式で購入する商品を選択するという仕組みも徐々に導入されてきています。

導入する機種をきちんと選定しよう

ただ、企業規模等を考慮して、適切な製品を選ぶことは、とても重要です。それほど規模が大きくない小売店舗であるにも関わらず、機能が多すぎる機種を導入したとしても、それほど利用客が多くないわりに管理コストがかかって、結局効率が悪くなってしまうということになります。高性能の機種になればなるほど維持費や管理コストがかかることも念頭に置いて、製品選びをすることも重要になってきます。小さな店舗なら、最低限の機能があれば十分という考え方もあります。
インターネットで検索をすると、様々な製品やその特徴、一般的な値段などを比較することができます。また、利用者の口コミ情報なども掲載されていることが多いので、これらの情報を参考にしながら、自分の店舗に導入する機種を選定することをお勧めします。