レジの種類や有用性、発展について

子供からお年寄りまで、お買い物の際には料金の支払いで必ずレジで精算をした経験があるはずです。コンビニやスーパー、駄菓子屋さんから複合ショッピング施設の様々な店舗でも、ほぼ必ず存在していますので、見たことが無い、精算時に利用したことが無いという方はいないと思います。また、主婦の方などにとってはスーパーのパートやアルバイト、学生にとってもコンビニのアルバイトは定番ですので生産する側として直接取り扱った経験がある人は数多く存在しますし、体験談や経験なども割と簡単に聞けるでしょう。取り扱いが簡単なのか難しいのか、間違えるとどう大変になるのか、やってみると面白いものなのか、興味があればインターネットで調べるのみならず、友人知人や家族から生の声が聴ける可能性が高いので信用度の高い情報も得られやすいです。

レジの種類や過去と現在のイメージについて

元々は商品の金額を直接見て、割引や課税なども計算しながら直接金額を打ち込むものが主流でした。熟練の人の業務している姿は、いかにもデキる様に見えた事もあり、かなり昔ではありますがスーパーなどで働く女性の花形職業などと言われたこともありました。今の主流は商品のバーコードをバーコードリーダーで読み取り、得点割引や商品割引があれば直接入力といった具合ですので、最近の物を使用して働いた経験がある人にとっては昔そのように言われていた事に対してかなり違和感を覚えるでしょうし、若い人もそういった時代があった事は知らないはずです。
現代においては簡単で誰でもできるアルバイトの業務の一部といったイメージでほぼ間違いありませんし、コンビニではケーブルがついたバーコードリーダー、スーパーでは設置型の読み取り機がついているので、入力ミスもなく、更にはお金の挿入口に預かり金額を入れれば別の場所からちょうどの金額のおつりが出てきたり、お金の取り扱いだけ別の機械で執り行うセルフレジもありますのでおつりの間違いなどもしないです。

様々な期待や要望により進化してきた

お金を扱う仕事をした事がある人、特に事務職の経験者ならば物を購入した際に受け取った金額からおつりを差し引きした合計金額が今現在ある金額と合わなかった場合、原因究明がとても大変だと知っています。存在する現金が多すぎればおつりを少なく渡してしまっている、逆に存在する現金が少なければお金を受け取るときに金額を勘違いして間違えているなど、ではどこでなのかというのを調べなければいけませんし、これには膨大な時間がかかります。そういったミスを無くすために、そして業務内容が人材を選ばずに効率を上げられるようにバーコードを読み取る機械や、金額を投入したら機械で管理されておつりが出てくるなどの進化を遂げていきたのです。これには従業員が悪事を働けないメリットもあります。
働く側にとって、店でお買い物をするお客にとって、そして商品を販売する会社にとって、全てにおいてニーズに答えられるように目覚ましい進化を遂げてきたのです。